古い切手はとっても高価です

切手はとても安価なものであるというイメージが強いかもしれませんが、中には発行枚数が少ないなどの価値があってプレミアがついて、ものすごく高値で取引されている切手もあるんです。特に古い切手にはそういった高値がつくものも多いでしょう。現在では切手の発行枚数は記念切手などであってもかなり多く出回っているので最近の切手が高値がつくことはほとんどないかと思います。ですが昔は発行枚数の少ない切手もありましたので、そういった古い切手の方が高値がつく可能性が高いんですね。ですが価値のあるものは一部であり他の流通していた枚数が多い切手の場合はあまり価値がないものも多いでしょう。それから切手の保存状態にもよります。せっかく高値の価値が付く切手であっても保存状態が悪いとその価値は下がってしまい、取引価格も下がります。なのできれいに保存しているものの方がやっぱり価値は高いんですね。古い切手と言っても種類は本当にたくさんあります。切手が発行されてから現在に至るまで全部で3000種類以上もの切手が発行されたとされているんです。
不要な切手を高値で買取してもらうコツについて