いつの間にか人気者に

これは朝の通勤電車での出来事です。朝電車で通勤しているひとなら分かると思いますが、ほとんど同じ顔ぶれで中にはいつも同じ席で座っている人もいると思います。ですが、二ヶ月くらいまえから小さなか子供を抱っこして通勤しているお母さんが同じ電車に乗り始めました。でもその小さい子は発達障害のようで電車の中でいつも動きまわったり、はしゃいだりしています。声もとても大きく車両の端から端まで聞こえるくらい大きな声でお母さんに話しかけたりしていました。朝の通勤電車なのでみんなピリピリしている雰囲気の中で多分他の人たちもいら立っていたと思います。お母さんはいつも申し訳なさそうに近くの人たちにすいませんすいませんと謝っていて、子供にお願いだから静かにしてと小さな声で話しかけています。でも子供はそんなことお構いなしではしゃぎ続けています。自分も最初はいら立っていて乗る車両を変えようかと考えていたのですが、ある日その子供が自分の横まで近づいて来ました。そして自分にずっと微笑んでるように笑っていました。最初はなんかいやな感じで無視していたのですが、ずっとこちらを見続けていているうちに毒気が抜けて行ったのかその子に微笑み返してあげるとすごい喜んでお母さんのほうへ帰って行きました。その後何とも言えない幸福感が出てきてとても気分良くなりました。まだ自分の子供はいないのですが、父親になったらこんな感じになるのかなとか想像したりもしました。それから一カ月後には周りに伝染したのかその子が笑いかけるとみんな幸せそうな顔でにやついたりしている人もいました。最初は迷惑な子だなと思っていた子がいつの間にか朝のピリピリした空気を和ませる人気者になった気がしまいた。

続きはWEBで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です