食事で体の内側から美白を目指す

美白化粧品でのスキンケア以外にも、ケアのやり方があります。美白を目指すには、美肌効果の高い食事をすることも効果的です。ビタミンCは、美白効果が期待できる成分として、盛んに活用されています。

市販の美白化粧品には、ビタミンC誘導体が入っているものが多くあります。ビタミンC誘導体は、肌のくすみやしみをつくるメラニン色素の排出を促し、肌の白さを守ると共に、新しいメラニン色素ができないように働きかけます。食生活を改善し、ビタミンC摂取量を増やすことも効果的です。お肌にあるシミを目立たなくするために、抗酸化作用の高いビタミンC等を補給するといいでしょう。緑黄色野菜や、果物類を多めに食べることで、ビタミンCの摂取量を増やし、美白効果を得ることができるといいます。水溶性のビタミンCを食材から得るためには、食材を水につけすぎないようにすることです。ビタミンCを補給する時は、こまめに少しずつ取りましょう。一度にたくさん補給しても、使い切れない分は体外に排出されます。一日につき2gのビタミンを補給することで、肌の状態を整え、白くきめ細かな肌を得ることが可能です。ビタミンCはサプリメントも販売されていますので、確実に摂取したいという人は使ってみるといいでしょう。ビタミンCのサプリメントは色々なものがありますが、中には添加物が多い安物もありますので、商品選びは重要です。
もっちりジェル 効果