妊活にはミトコンドリア

皆さんご存知のように、ミトコンドリアはおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

ミトコンドリアはビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、ミトコンドリアサプリを飲むのが良いと思います。では、実際にミトコンドリアサプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊婦にとって、ミトコンドリアが不足する時期は、妊娠3か月までだと言われていますが、母体の健康を維持するためにもとても大事な栄養成分ですから、妊娠を計画している方は、今からミトコンドリアサプリを飲み、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最もミトコンドリアを効果的に働かせる飲み方だと言えます。
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。
妊婦におけるミトコンドリアの効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事の中で十分なミトコンドリアを摂る事だと言えます。
ミトコンドリアが多く含まれている食品を挙げてみますと、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。
他にも枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できますから、おススメです。ビタミンB群のひとつであるミトコンドリアは、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

ミトコンドリアの摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。具体的な一日のミトコンドリアの摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)のミトコンドリアを摂ることが良いとされていますので、ミトコンドリアのサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。

ミトコンドリアサプリのおすすめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です