水道水の水が「まずい」と感じるワケ

あなたは水道水を飲んだことありますか?

その時に「なんかおいしくない」「こんなの飲めない」と思った人もいると思います。

水道水は行政が浄水場を設置し、きれいにしたものを提供しているので衛生面的には全く問題がありません・・・が、飲み水として考えるとどうしても味に不満を感じてしまいます。

なぜなのでしょうか?その原因の1つが水道管の劣化です。

いくら浄水場できれいにしてもその水を通している水道が劣化していると、そこから余分な成分が水に浸み込んでしまいます。

それが味に少なからず影響が出て味が美味しくなくなる・・・というわけ。

また、浄水場から水道までの距離が長いのも水道水がマズくなる原因の1つです。

水は空気に触れれば徐々に酸化していきますが(別に水に限った話ではないですが)浄水場から各地域までの距離が長ければ長いほど参加の度合いも進んでいきますからね。

あと工業都市付近の水もあまりおいしくないですし、硬度が高い水を使っている地域も決して美味しいと思える水は飲めません。

とはいえ、どの地域も「安全でおいしい水を」をテーマにあれこれ工夫や施策を行っていますし、安全面から見れば決して不衛生なわけではありませんので、料理などには安心して使うことができます。

ただ、飲み水としてはちょっと物足りない地域もありますので、美味しい水を飲みたいのであればミネラルウォーターを買ったりウォーターサーバーを利用したほうがいいでしょうね。

当管理人がお勧めする「美味しい水」がこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です