愛犬と犬を飼う飼い主について

愛犬の便は、日々変化しています。調子や体調がすぐれないときには形も液状であって崩れていて持つことが困難です。そんな時には愛犬の食欲がなく普通のご飯を食べることが困難です。あまりにも食べないときには無理せず水を与えています。餌を食べさせる場合にはなるべく消化の良いものを中心に与えるようにしています。バナナやみかんなどのフルーツなど消化の良いものや、人間用のご飯を炊いたものを与えています。炊いた白米は、おなかもいっぱいになるので少量ならばワンちゃんに与えてもいいでしょう。

愛犬のご飯は少なくても栄養のあるものを食べさせるといいでしょう。あまり人間の食べ物を与えるといけませんが、バナナ、ミカンなどのほかには納豆が良いと思います。犬は肉食のために与えられたらなんでも食べるので、犬に与えてはいけないものも知っておくといいでしょう。ネギ類は血中の細胞を破壊してしまうので絶対に与えないようにしてくださいそのほかに食べなれないものを与えると吐き出してしまうことがあります。形がしっかりとした便が戻れば、特に問題ないと思いますが、柔らかい便が3日も続いている状態では愛犬の体調が心配です。わたしの愛犬も前に愛犬の便が緩くなってしまったことがありました。様子を見たところ普通の便が出るようになって安心しました。

犬は一般的ににおいの強いものに近づいていきます。味は気にすることがないので腐っていたとしても食べてしまいます。散歩のときなどに危険なものがあると心配されるような場所には抱っこしていきます。散歩中のほかの犬の糞便を食べてしまうと病気になってしまったり体調を崩してしまう恐れがあります。犬などの生き物は体に痛みがあっても我慢してしまうことが多くあります。病気にならないように愛犬の毎日の状態をチェックすることは飼い主として当然の行いです。犬を飼う飼い主としては愛犬の体調は必ず毎日チェックするようにしましょう。吠え方や体の様子を毎日のスキンシップの時間に確認しておくことで体調の変化に気づきやすくなるでしょう。毎日の体調管理は欠かさず行うようにしましょう。病院に連れていくときには、信頼できる先生のいる動物病院を選ぶことも忘れないようにしましょう。わたしは主に小型犬のわんちゃんを飼っていますが、一般的に小型犬は大型犬より長生きとされています。小型犬は一般的に活動的で自宅の庭などをものすごいスピードで走り回ります。運動量が平均寿命に影響しているかどうかはわかりませんが毎日外を散歩しています。

ワンちゃんには、信頼できるトリマーさんに髪をセットさせてもらうといいと思います。定期的に病院に連れて行きトリマーさんにセットしてもらうことで犬も喜んでくれます。

下肢静脈瘤で有名な病院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です