用法・用量を正しく守るようにしてください

胸焼けに効く薬は・・・・・

・ムコスタ錠・ガスター10

ムコスタ錠には、胃の粘膜の炎症を鎮静化させ、修復する働きがあります。

ただ、ゆっくりと薬の有効成分が効き始めるので、即効性は低いでしょう。

成人の方は、1日3回(1回1錠)服用します。

副作用としては、発疹、かゆみ、湿疹、発熱、倦怠感、鼻血、食欲不振、のどの痛み、呼吸困難、冷汗といった症状が現われる可能性があります。

ガスター10は、ヒスタミンH2受容体拮抗薬の働きによって、胸焼けの元でもある胃酸の発生量を抑制する薬です。

成人であれば、1日2回(1回1錠)服用しますが、発疹、かゆみ、発熱、蕁麻疹、呼吸困難、目の充血、手足の痺れといった副作用が起こることもあるでしょう。

この2つの薬は胸焼けに効果がありますが、副作用が起こる可能性もあるので、服用する時は用法・用量を正しく守るようにしてください。

また、もし、副作用が起きてしまった場合には、すぐに薬の服用を中止して、専門医に相談しましょう。
雪肌ドロップ ホワイトヴェール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です