スポーツによる腰痛

野球、バスケットボール、相撲など、いろいろなスポ-ツがありますが、「へっぴり腰」ではどんなスポーツでも上達しません。スポーツをするときに、腰はたいへん重要なポイントです。このため、スポーツで腰を痛める人が多くいます。スポーツによって主に使う筋肉が異なることから、腰痛の発症するメカニズムが異なるので、スポーツマンの腰痛にはいろいろな原因がありますが、大きく分けて、主に腰椎の前屈が何度も繰り返されて起こる「腰を前に屈めてはいけない腰痛」、腰のひねりが繰り返して行なわれるために起こる腰痛などがあります。さらに、X線検査で画像に異常が認められるタイプとして、「腰を後ろに反らせてはいけないタイプの腰痛」である腰椎分離症による腰痛があります。このほか、椎体終板傷害や椎間板傷害による腰痛などもあちます。
腰を前に屈めてはいけない腰痛が起こりやすいスポーツとしては、アイスホッケー、アイススイケート、スケートボードなどがあります。このタイプの腰痛の治療と再発防止、予防には、腰椎の前湾を維持する治療法である「LIST療法」が効果があります。
川井太郎の腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です