日本の食卓である築地移転。

築地の移転問題と東京オリンピツクへの準備を迎え、東京都知事の判断に注目が、各マスコミで都知事の公約と照らしながら、放送しております。

移転に反対者と賛成者の言い分を聞きながらはんだする都知事は、段取り進め方は、よいと考えます。しかし、11月の移転での時間が、ありません。その理由は、オリンピツクで使用する道路を作ることにある。これも、制約されている。限られた条件で、判断されることになる。これも、待機児童の問題もしかり。問題を0化に出来ませんので、犠牲が、伴う。都知事に効率面と効果面で判断を示すと考えます。現在の市場機能と今後の対応策を考えると、旧態の市場でなくなる。その理由は、現地から大手業者への輸送、冷凍保管、管理の進歩で、新鮮な食材を提供できるようになる。時間的な問題だけである。現在の場所、建物等の維持管理も含めた、討議をするよう希望します。明確な表現としては、観光的な市場状況を見せながら、内外を含め情報を出し、客を引き込むよう市場する考えもあります。

ディオーネ渋谷店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です