求人広告は優良企業だけではないです

求人誌はその発行元の会社が、掲載してほしい求人企業側から受注してという流れですが、この場合、掲載される企業はお客さんなので、例え求人内容が不適切でもいちいちそれを指摘していたらお客さんを失って売り上げにとても響きます。

よって、掲載内容が不適切であっても黙って掲載して求人起業からお金を頂きます。ハローワークだと求人企業はタダで広告を出してもらえるのでハローワーク側は不適切な内容であれば強く出れます。これは金銭が絡んでないからであって。そして求人広告はさきほど言ったような関係だから、ほんと、法違反な記事がとても多いです。株式会社で従業員も複数いるのに応募の記事には社会保険加入と書かれておらず、労災と雇用保険しか入れさせない企業を広告に出しています。これ、完全な違法です。また昼の時給が925円で深夜帯が990円で掲載されているのも違法です。昼の25㌫増しでなければいけないからです。こんな感じで弱い立場にいる求人誌側は強く出れないから不法な内容でも載せてしまうのですね。だから私たちは自分で判別してブラック企業に行かないように気をつけなければいけないのですね。

ハリーアップ通販はこちら