WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは

WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率が99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は一変しました。

一番大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。なので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。
WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、複数あります。各自プロバイダ毎に、キャンペーン内容に差異がありますので、その部分では、注意しましょう。具体例を出すと、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。こう言った様に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、間違いの無いプロバイダと契約を行いたいものです。ちょっと前から、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。(UQ WiMAXのキャッシュバックは、確実性が魅力的!を参照)

 

例えば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。どちらの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。
そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。

その上、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。
プロバイダ毎に少し異なるものの、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。
2種類の料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、7G制限の無いお得な料金プランです。一方、安さがメリットの通常プランがありますが、その分だけ速度制限の規制が厳しいです。自分のインターネットの使い方を検討しつつ、どちらか片方の料金プランに決めましょう。電器屋で、光回線のサービスを店員さんから勧められました。ただ、私はWiMAXユーザーですし、言うまでもなく、そんなもの必要ありません。販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想定外の返事をされました。WiMAXなら、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?とは言うものの、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、天気によってWiMAXの受信具合が変わると言う事は一度もありませんでした。台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。
WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーンサービスが付いています。
中でも嬉しいのは、公衆無線LANサービスです。
UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約が一般的です。
なぜかと言うと、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。合わせて、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、終いには、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きは月単位の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。

 

そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつの通信にも対応してます。WiMAX端末は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。その中においても、通信速度の向上が際立って、今のところ、220Mbpsと言う速い速度に達しています。
さりとて、ここのところは通信速度より、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。
最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。

その訳は、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、これが厳しくなったからです。
その為、製造会社や使用者的には、優先度が変化して来たのです。WiMAXを使っていて思うメリットは、幾つか思い浮かびます。最初に思い付くのが、モバイルの通信規格と言う点で、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。次に思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、インターネットの回線工事は不必要です。加えて、回線工事が不要と言う事で、インターネットサービスを安く導入できます。他にも、速度制限が緩い点も、WiMAXの魅力と言えます。
WiMAX通信に対応した端末は、年々新しいものが発売されています。それぞれによって性能が異なり、便利さも違います。
そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。
このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。
合わせて、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、隅々にまで電波が届きます。その一方、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対象のWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いインターネットサービスとなっています。

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。そんな長期契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。

 

結構見逃されがちな部分が、各契約先のカスタマーサービスの対応です。

コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと考慮してから契約を行いたいものです。

WiMAXを利用する際に、注意する速度制限は二種類あります。

一つ目が、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限って言われているものです。
ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
でも、混雑回避の為の速度制限は適用となります。WiMAXサービスの醍醐味は、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他モバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。

 

問題ない事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXならば普通に映画が観れますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAX通信の出来る端末のサイズは、手のひらサイズです。

その為、お荷物になりません。

 

ポケットに収まるサイズですし、重量も厚みも大した事なく、ポケットに入れても余裕があります。
WiMAX通信機は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。だから、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。

ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

それに合わせて、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。人気のインターネットサービスについてですが、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。
契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、非常に利便性の高さを感じる所ではあります。

でも、モバイルのイメージとしては、安定性に不安が残る方もいるでしょう。

とは言うものの、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定性は割りと良くなっています。そう言う事で、モバイルだからと、安定しないと言う事は無いです。WiMAXに申し込めば、その機能性の良さにビックリさせられます。自分が契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新製品が次々と登場し、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。
WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX回線のみに対応していたWiMAX端末が、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。その他には、通信速度の向上が目まぐるしいです。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。

利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限を気にする必要があります。
他社のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。だけども、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。
ただ、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。WiMAXの利点としては、無線を介したインターネット通信を行なう事が出来ると言う点にあります。
無線を利用しますので、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。

 

加えて、WiMAX機器は小型ですから、持ち運びに向いています。
そんな点を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。そう言う部分から、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないから、部屋の中がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。

合わせて、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。この結果、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。

加えて、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。
WiMAXサービスの月額利用料金ですが、なんと、契約先で金額が異なります。例を挙げると、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。

こう言う感じで、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。モバイルインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。
例えばですけど、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。

ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。つまり、速度制限無しと言っても、WiMAXを例に出すとすれば、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。