ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは

WiMAXを契約すると、WiMAX本体しか使わないので、屋内がさっぱりします。光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。

モデムは毎月レンタル料金が必要で、毎月の料金に上乗せされます。方法として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。携帯型タイプのインターネットサービスには、WiMAXのようなサービスが色々存在します。例えばですが、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。

 

ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。
この通信速度って、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。
ですので、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXで言えば、速度制限がずっと続くようなものです。

 

WiMAXの通信に対応している専用端末があります。新しい製品が次々発売され、新技術が次々と導入されています。

大きな出来事で言うと、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。
また、年々向上している通信速度もその一つでしょう。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、選ぶ判断基準はどこに?にて)

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が倍に速まりました。最近は、WiMAXサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例として挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用しています。

どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このネットサービスは、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。ですから、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?速度制限を気にしてられないと言う方は、一度考えてみてはどうでしょう?WiMAXの特長としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。
無線を使いますから、色々な場所でインターネットを楽しむ事が可能となります。

なおかつ、WiMAX端末は小型ですから、持ち運びに向いています。

そんな点を考慮すると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。

ですので、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。
WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズです。

 

と言う訳で、auに連携したサービスが複数あります。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。
WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気の良いサービスになってます。

WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いています。中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。

 

UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。
WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。

一つ目が、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と言われているものです。

次いで、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。ではありますが、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりも小型です。
従って、持ち出しするのに邪魔になりません。
ポケットに収まる大きさですし、重量や厚みも大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。

ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。

そう言う理由で、WiMAX端末をカバンの中に入れ、そのまま使用する事もできます。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。他には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつの通信にも対応しています。

 

毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。
だけれども、auスマートバリューmineには対応していませんので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

 

合わせて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAXサービスを導入した事で、私の日常は一変しました。

最も大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。
そんな事で、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、それほど厳しいものではないです。

ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。

通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。

 

月額500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。

WiMAXの月額料金ですが、実際の所、契約先によって料金が異なります。
例を挙げれば、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
こんな風に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。

モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。とは言え、速度制限が適用される場合がない訳ではありませんので、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。とは言え、速度制限に掛かってしまった場合であっても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
WiMAXの契約先となるプロバイダは、何社かあります。

 

それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、そのあたり、お気を付け下さい。
例えば、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。

 

こんな感じなので、各プロバイダでお得感は異なりますから、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。