高校時代の仲間11人と30代の年齢になっても仲良くしている

私は、普通に感じているのだが、高校時代からの友達が11人いる。30歳を超えた今でも連絡を取って会って遊んだりする。
でも、最近なかなか集まりが悪くなってきている。その理由は、家庭を持つ年代になってきたいるからだ。 Continue reading “高校時代の仲間11人と30代の年齢になっても仲良くしている”

ダイエットに面倒ロジカルと言われているエアロビクスの手段に対して

散策ダイエットで決め手な事は、的確な見た目で散策する事なのです。目線はほんのり前にやるようにし、顎はひいて実施しましょう。こぶしは大胆にふりますが、ここで大切なのは両肩にはちからをこめすぎないよう、懸念とめるみたい勤しみます。 Continue reading “ダイエットに面倒ロジカルと言われているエアロビクスの手段に対して”

近所の運動公園での30分のウォーキングは消費カロリーも高い?

体重が増えてきてしまったので、お昼休みに近所の運動公園で30分のウォーキングを始めてみたいと思います。
30分のウォーキングの消費カロリーってどれくらいなのでしょうか? Continue reading “近所の運動公園での30分のウォーキングは消費カロリーも高い?”

スポーツによる腰痛

野球、バスケットボール、相撲など、いろいろなスポ-ツがありますが、「へっぴり腰」ではどんなスポーツでも上達しません。スポーツをするときに、腰はたいへん重要なポイントです。このため、スポーツで腰を痛める人が多くいます。スポーツによって主に使う筋肉が異なることから、腰痛の発症するメカニズムが異なるので、スポーツマンの腰痛にはいろいろな原因がありますが、大きく分けて、主に腰椎の前屈が何度も繰り返されて起こる「腰を前に屈めてはいけない腰痛」、腰のひねりが繰り返して行なわれるために起こる腰痛などがあります。さらに、X線検査で画像に異常が認められるタイプとして、「腰を後ろに反らせてはいけないタイプの腰痛」である腰椎分離症による腰痛があります。このほか、椎体終板傷害や椎間板傷害による腰痛などもあちます。
腰を前に屈めてはいけない腰痛が起こりやすいスポーツとしては、アイスホッケー、アイススイケート、スケートボードなどがあります。このタイプの腰痛の治療と再発防止、予防には、腰椎の前湾を維持する治療法である「LIST療法」が効果があります。
川井太郎の腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」

ふくらはぎがスッキリすると痩せやすくなる!

体躯は意外と太っているというわけでもないけれど、ふく陣はぎが分厚くて考え込む女性は早くはありません。ふく陣はぎを引き締めることができればいいのですが、体の一種だが痩せこけるシェイプアップはなかなか耐え難いものです。 Continue reading “ふくらはぎがスッキリすると痩せやすくなる!”