通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから

次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、帯域制限に注意しましょう。他社のモバイルインターネットサービスと比べ、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。
かと言って、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、その点には注意しましょう。 Continue reading “通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから”

オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。 Continue reading “オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています”

auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです

WiMAXを使用する時に、注意すべき速度制限が二つあります。まず、月間データ量による速度制限と言う、7G制限と言われているものです。

ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。ただし、混雑回避の為の速度制限に関しては適用となります。

Continue reading “auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです”

WiMAXを販売するプロバイダの一つに

次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、速度制限を気にする必要があります。他のモバイルサービスと比べ、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。かと言って、速度制限が適用されるケースもありますから、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。けれども、速度制限がかかった場合においても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。

Continue reading “WiMAXを販売するプロバイダの一つに”

WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています

UQ WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか使わないので、家の中がさっぱりします。光回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。

モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に追加課金されます。
他には、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。 Continue reading “WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています”

速度制限時のWiMAXよりも低速になります

流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性と言う点では大幅に向上しています。ですが、モバイルだとどうしても、通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。しかしながら、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信状況は安定しています。 Continue reading “速度制限時のWiMAXよりも低速になります”

ジェイ・コミュニケーションの紹介キャッシュバックを例にすると

光回線サービスとひとえに言っても、色々な光インターネットサービスがあります。

大手なとこで言えば、NURO光やeoひかりなどが挙げられます。例を挙げるとすると、auひかりならスマホとのセット割引きが人気ですし、NURO光でしたら通信の速さが評判です。

Continue reading “ジェイ・コミュニケーションの紹介キャッシュバックを例にすると”