Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のサービスもあります。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。
対象となるWi-Fiスポットの数は全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が可能です。
Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントで還元して貰う事が出来ます。 Continue reading “Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が”

DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと

WiMAXサービスと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。

中でもお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。 Continue reading “DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合だと”

通信が途切れるだとか

WiMAXサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。大丈夫な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

人気のWiMAXと言うサービスについて調べると、ポジティブな意見ばかりではありません。

Continue reading “通信が途切れるだとか”

WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは

WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率が99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。

Continue reading “WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは”

スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が一般的です。

なぜかと言えば、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

Continue reading “スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても”